(大盛況のうちに終了しました!ありがとうございました!!)
彩の国いきいきフェスティバル

【日時】2016年10月30日(日)
【時間】10:00〜15:00
【会場】埼玉県県民活動総合センター302
【展示内容】速記の魅力&埼玉の速記偉人の紹介
       親子で速書き体験
20151107-1.jpg


2016年07月31日

決勝戦

第86回の全国高等学校速記競技大会の決勝戦、
会場の後ろの方で一緒に書いたので載せておきますね、
20160731-9.jpg
20160731-10.jpg
これでミス6カ所ぐらいでした。

ネットに上がっているのとかはお手本みたいなきれいな符号しかないと思いますが、実際はそうじゃないですよね。世の中の話速も速くなっているし、いつもきれいに符号が書けるわけじゃない。
きれいに書けるところもあるけれども、追われると崩れるから、こういう符号にはいつもどこかで遭遇するわけです。これも速記。

自分が速記を習い始めたころは、何かそれなりにきれいな速記の形状が出せていないと読めないと思っていたのですが、
読み返しで符号に習熟したり、文脈などで判断、さらには競技や検定などの場合は、朗読後にしっかり振り仮名を振っておく(特に最後の部分は)というのをやると、何とかなるかなって思います。
もちろん、後から読めることを前提に速記する、めり張りをつけていくことは大事なんですが、ぐちゃぐちゃでも何とかなるようになったというのは、さすがに自分の年の功でしょうか。

(↓競技問題文を見ながらきれいに書くとこんな感じです。)
20160731-11.jpg

ちなみに、決勝戦に参加した人は47人だそうです。

全国OB速記大会

いつものようにではありますが、全国高校速記競技大会で学生さんが準々決勝の反訳しているころ、
別室で全国OB大会というのもやっています。

符号載せときます。
20160731-6.jpg
20160731-7.jpg
20160731-8.jpg
符号の線が引いてあるのは、反訳後にそうやって確認するからです。

そして、またトロフィーをもらってしまいました。
20160731-12.jpg

ありがたいことにこれで3ついただきました――毎年トロフィーが違う!
20160731-13.jpg
さすがに次回はもうトロフィーは卒業だと思います。
こういう表彰したり応援してくれる先生、速記できなきゃ首だみたいな世界と違う速記の世界、大事にしたいです。

全国高校速記競技大会

またまたことしも、全国高校速記競技大会に行ってきました。
ことしの会場は、東京大学でした。

カップとトロフィー、賞状。これらを手にした学校は――
20160731-1.jpg

20160731-2.jpg

優勝は浜松商業、準優勝は岐阜商業でした。個人戦の結果は逆だったようです。
(浜松商業さん)
20160731-3.jpg

(岐阜商業さん)
20160731-4.jpg

こういう学生さんのブラウスを見て、そうか、長袖の人はそういう作戦かもとか思いました。
というのは、うちの生徒、わざわざ長袖持ってきて、会場に来てから着がえたんだよね……というある先生の話を聞いたからです。
確かに、私も夏の速記技能検定のとき、大事な試験のとき、腕の汗で紙がくっついたら大変だからと、半袖にするか長袖にするか迷いましたね。

全て終わって片づけまで御一緒して4時過ぎて、外に出てみたら、
20160731-5.jpg
安田講堂が隣にあったのでびっくりしました!
学生の皆さん、お疲れさまでした。