(大盛況のうちに終了しました!ありがとうございました!!)
速記交流会

【日時】2017年8月6日(日)
【時間】10:00〜16:00
【会場】国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟405
【内容】速記展示、会場イベント(速記デモンストレーション&おもしろ略符号紹介、みんなで楽しく速記共練会&速書き大会、ことばに対する問題に挑戦、情報交換会 等
【主催】公益社団法人 日本速記協会


2013年03月26日

フレ☆フレ(4/27)

こんにちは。
この前書いた件ですが、もう収録が終わったそうですね。
何時間かカメラが回っている中でガチでやったということでした。
もちろん、事前に何かとか撮り直したとか、そんなのは全くなしということ、ちゃんと確認しました。

もうホームページに出ていますが、放映は4月27日です。
30分番組のうちの20分ぐらいをこの速記大会のことが放送されるとのことです。

高校速記大会といえば、私がこの前見学させていただいたときもテレビが来ていましたが、その大会にかける学生さんたちの思いから、何か感動的なシーンがあるはずですね。
請う御期待!ということで、ここに書くことにします。

2013年03月22日

読書

しあわせ中国.jpg
全然速記と関係ない「しあわせ中国: 盛世2013年」という作品です。

何でこの本を紹介するかというと、
この本の翻訳者が当日、わざわざ東京方面から盛岡までこのイベントの展示を見に来てくれたからです。
言葉の仕事をしている人が速記に関心を持ってくれることは、本当に励みになると思いませんか。

奇想天外な設定がありましたが、中国だから何でもありだろうとも思いました。
孤独な指導者の何東生の存在感はとても大きく、小説の最後は彼の告白が全てを占めたわけですが、彼が語った内容の価値がこの小説を決めているんだなと思います。
小説設定として、中国の指導者はすごい資質の持ち主で描かれることには納得いかなかったですが、何でも知っていそうで、あれほどまでに中国について語れる彼でも、おそれるものがあり、知らないこともあるというのも印象的で、中国を動かしているのは何なんだろうということも思いました。

続きを読む

2013年03月14日

便箋

雨ニモマケズ.jpg
この便箋は下見のときにイーハトーブセンターで買ったもので、
はがきとともに、イベントに関係する私信を書いてきました。
3セット買い、2セットが使い終わりました。

いろいろな人にいろいろなお願いを書いてきました。
私は別に手紙好きでもなく、手紙のスタイルがうまいわけでもなく、多分、受け取った人の中で、私の手紙は形式が整っていなくて失礼だと思った人もいたかもしれないですが、
それでも、やらないで終わるより、失礼な形式でも相手に投げかけた方がいいという気持ちでした。
やったことがないことをやっているので気分に余裕がないんですが、
それでも、書いて人に送ることで、何かが前進ができたのかなと思います。