(大盛況のうちに終了しました!ありがとうございました!!)
速記交流会

【日時】2017年8月6日(日)
【時間】10:00〜16:00
【会場】国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟405
【内容】速記展示、会場イベント(速記デモンストレーション&おもしろ略符号紹介、みんなで楽しく速記共練会&速書き大会、ことばに対する問題に挑戦、情報交換会 等
【主催】公益社団法人 日本速記協会


2012年10月31日

読書

福岡さんの本.jpg
日本速記事始―田鎖綱紀の生涯 (1978年) (岩波新書)」で有名な福岡隆さんですが、松本清張の専属速記者だったこともある人です。
その松本清張とのかかわりなども含めたエピソードが書かれた2冊「活字にならなかった話―速記五十年 (1980年)」と「人間・松本清張―専属速記者九年間の記録 (1968年)」を読んでみました。
何か展示の参考になるかなと思って読んでいたのですが、実際には福島さんの著作よりも別の本の方が私には合いました。
それにしても、松本清張の本を一冊も読んだことがないのに、この本を先に手にとって読むというのは変かもしれないですね。

2012年10月30日

メディア

メディアから御紹介いただけたので、ここで紹介しておきます。
こういう報道で、いろんな人に情報が届きますように。

毎日新聞
2012年10月24日 岩手
田鎖綱紀:速記法発明、功績紹介 出身地の盛岡で28日講演会 /岩手
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121024-00000042-mailo-l03

岩手日報
2012年10月27日
盛岡市出身・速記の創始者 田鎖綱紀の功績顕彰 発明130年 あす記念の展示・講演会

2012年10月29日
盛岡出身 速記の創始者 田鎖の功績後世に 盛岡で展示講演会

テレビ岩手
2012年10月28日
「速記の日」展示会
http://news.tvi.jp/index_7899402.html

2012年10月29日

報告書

一晩明けて、今度は報告書どうしようとなっています。
報告書なんてつくったことがないんだから、フォーマットどうしようということです。

これまでも完成品ばかりを見ていると、何か簡単にできたんじゃないかという気がしますが、
実際にはやったことがないものを、教えてほしいと思っても、誰に教えを請えばいいかわからない状況の中でやっていますから、プロセスは相当苦労しています。
開催要項から始まり、速記者に速記書いてもらうのはどうするんだろう、プレスリリースって何だろう、展示どうしようとか悩んでいたわけですが、最後は報告書どうしようなわけです。

こういうとき、何を活用しているかというと、IYEOでの経験則とかと書いておきます。
IYEOというのは何かというと、日本青年国際交流機構といいます。国際交流団体です。海外青年協力隊の同窓会じゃないですが、内閣府の青少年交流事業の参加者が中心になってできている組織のことです。
私は内閣府事業に参加させてもらったので、ここに属していまして、これまでIYEOでやってきた大会とか役員研修とかでもらった資料を活用させてもらって、このイベントを組み立てるときの気持ちの支えにしていました。

イベントは終わりましたが、報告書を書くべく邁進しないといけないので、しばらくこのブログは続きます。